メンズ用のシルバーアクセサリーを買おう|一点もので差を付けろ

簡単に装着できる

取り外しも簡単

鞄の付いたバイク

バイクに装着する人気アイテムにサイドバッグがあります。サイドバッグはバイクの側面部分に装着するバッグで、簡単に収納が増やせるので、ツーリング等荷物が多い方を中心に人気です。同じくバイクの収納を増やせるアイテムとしてシートバッグやタンクバッグがありますが、これらのアイテムに比べてサイドバッグは容量が比較的大きいので、遠距離を移動する方に特に人気があります。取り付けが簡単なのも人気の理由のひとつです。専用工具等は必要なく、多くの場合付属のベルトで固定するだけで、専門知識等も必要ありません。装着の際に気をつけるのは、サイドバッグがタイヤに触れないようにするという事です。バッグがタイヤに触れてしまうとタイヤとの摩擦でバッグが傷んでしまうだけではなく、事故の原因にもなりますので注意が必要です。これを防ぐためにタイヤとバッグの間に装着するサイドバッグサポートと言われるものも販売されていますので、サイドバッグ購入の際に一緒に購入しておくと良いでしょう。またサイドバッグが人気の理由として、種類や素材が豊富だという点も挙げられます。大きさはもちろん、片側だけに装着するもの、ビニール製のものや革製のもの、プラスチック等で作られたハードタイプのもの等、用途や自分の乗っているバイクにマッチするものを選ぶ事ができます。最近では、防水加工をされたものや鍵のついたセキュリティーに優れたもの等さらにバリエーションが増えています。

専用の金具で据え付け

男の人

サイドバッグは、鍵が設置されておらず、盗難されやすいアイテムといわれています。長距離のツーリングに出かけると、旅館やホテルを利用することになります。その際に、サイドバッグが無防備な状況になるのです。とても安くて、見た目もチープなサイドバッグであれば、盗難の確率も低下します。ただし、そのようなサイドバッグを装着すると、他人の視線も気になりますし、ツーリングを楽しむことの妨げになります。そのため、一般的な格好の良いサイドバッグに盗難対策を施すことが大切です。最初に、容易にサイドバッグを開閉されないように工夫します。ホームセンター等で販売しているステーという金具で、耐荷重の優れたチェーンをフタ側にリベットという鋲で据付けます。また、箱側にステーをリベットで据付けます。その後は、鍵を掛ける際にチェーンを通し、南京錠をすれば大丈夫です。サイドバッグがタンデムシートの下にあるタイプの場合は、タンデムシートを留めているナットを取り外せば、容易に盗まれます。そのため、サイドバッグ本体をバイクに据え付ける方法が有効なのです。耐荷重に優れたワイヤーは、700mm以上で2,5mm径のタイプを選択すると良いです。そして、片一方の縁をステーとリベットを活用してサイドバックに据付けます。そして、その反対側をヘルメットホルダーで鍵を掛けます。こうすることで、ワイヤーをカットするか、ホルダーを壊さない限り、サイドバッグが盗まれる心配はありません。

布製や革製など種類は様々

バッグ

サイドバッグとは、主にオートバイに取り付けるサドルバッグの別称です。これは、オートバイにサドルバッグを取り付ける際、フレームと後輪を挟み込むようにして左右に振り分けるところからきています。またその際は、後部車輪への巻き込みを防ぐため、サイドバッグ用の補助フレームと併用するのが一般的です。そして、サイドバッグの素材には、布や革がよく使用されます。その他には樹脂製の箱状のものも存在しますが、これは「パニエケース」と呼ばれ、袋状のサイドバッグとは区別されるのが普通です。ですから、よりしっかりしたサイドバッグが欲しい場合には、パニエケースも視野に入れて探すとより多くの候補を見つけやすくなります。また、それぞれの素材ごとの特性がありますから、用途やバイクに合わせて選ぶことも大切です。具体的には、まず革製は風合いや見た目がよく経年変化も楽しめる点が魅力です。そして布製は帆布からポリエステルなど合成繊維まで幅広いですが、全体に軽量で汎用性が高く、比較的安価なのがメリットです。そして樹脂製のケースは、一度取り付けると脱着が簡単なことと、頑丈で鍵がかかるので防犯性が高いのが特徴です。そして、どの素材や形を選ぶ場合にも知っておきたいのは、サイドバッグをつけると「積載量を増やした分車体が重くなる」点と、デザインによっては左右に張り出すため「車体後部の幅が大きくなる」点です。これは実際に体感しないと分からない点ですから、初めてサイドバッグを付けた際は、遠出などする前に感覚を確かめておくと安心です。